キレイに見えるムダ毛の剃り方 ~6ステップで丁寧に~

ムダ毛を剃った後に残る黒いポツポツ、気になりますよね

日頃のお手入れって、はっきり言ってめんどくさいですよね。

なんで女の子だからって、こうも徹底的にお手入れしなければならないのかと、時々不満もあります。

そのめんどくさいお手入れを我慢してやってるのに、ムダ毛を剃った後に黒いポツポツが残ったりしてさらにイライラとモヤモヤがMAXに……なんて経験ありませんか?

とにかく、ムダ毛のお手入れは色んな意味で女の子の永遠の課題ですよね。

特に毛の色素の濃い脇やアンダーヘア周りなどは、いい加減な剃り方をしているとどうしても黒いポツポツが目立ってしまいます。

そこで今回はちょっとめんどくさいのですが、お手入れ後の肌をキレイに見せるための正しいムダ毛の剃り方を説明していきたいと思います。

キレイに見える、正しいムダ毛の剃り方

さて、正しいムダ毛の剃り方ですが、具体的には次のような手順でムダ毛を剃って行きます。

正しいムダ毛の剃り方① 入浴する

入浴

お風呂に入って肌を清潔にします。

また、角質とムダ毛に十分な水分を与えることでカミソリの抵抗がなくなり、剃りやすくなります。

正しいムダ毛の剃り方② 蒸しタオルを当てる

蒸しタオル

タオルを濡らし、雫がこぼれない程度に軽く絞ってから、500Wの電子レンジで30~40秒程温めます。(もし1500Wの電子レンジの場合は3分の1の時間、つまり10秒程度で良いです。)

そしてそのタオルをムダ毛を剃る箇所に乗せて約30秒ほど蒸らします。

こうすることで毛穴が開き、ムダ毛も柔らかくなるので、ムダ毛を剃る時にカミソリが引っかからなくなります。

なお、入浴しながらお手入れする場合はこの手順はスキップしても大丈夫です。

正しいムダ毛の剃り方③ シェービングする

シェービング

女性用のシェービングクリーム、またはワセリンをムダ毛を処理する箇所にまんべんなく塗りましょう。

剃り方のコツは、肌がピンと張るように空いている方の手で押さえつつ、カミソリを肌に軽く当ててムダ毛の流れに沿ってスーッと剃ることです。

そのためシェービング剤を塗る前に、ムダ毛の生えている方向を確認しておくと良いですよ。

とにかく、逆剃りではなく順剃りが正しいムダ毛の剃り方だと覚えておきましょう。

ちなみにシェービング剤が無いからといって石鹸やボディーソープなどを塗ってムダ毛を剃るのは厳禁です。

石鹸などを使っての間違った剃り方を続けていると、肌の表面がボロボロになってしまいますよ。

正しいムダ毛の剃り方④ 剃り残しチェックをする

剃り残しチェック

一通り剃り終わったら、シェービング剤を拭きとってからどこかに剃り残しが無いか確認しましょう。

特に膝周りや脇、関節まわりは、丁寧に剃ったつもりでも剃り残しがあることが多いパーツです。

よく見たら1本だけチョロっと残っていたということもありますので、入念にチェックしておきましょう。

正しいムダ毛の剃り方⑤ アフターケア

アフターケア

ムダ毛を剃り終わったらシェービング剤を洗い落とし、その後に化粧水やローションなどでしっかりと保湿ケアをしましょう。

なお、カミソリを当てた後の肌は目には見えない細かい傷が付いていますので、原料にアルコールが含まれているようなローションはなるべく使用しないようにしましょう。とてもヒリヒリしますよ。

私の場合は、刺激の少ない優しいタイプの化粧水をたっぷりと肌に染み込ませた後、ミルクローションを使って肌にフタをして潤いを閉じ込める、といった感じですね。

正しいムダ毛の剃り方⑥ 道具のお手入れ

道具のお手入れ

最後に、使ったカミソリの刃の部分に剃り落としたムダ毛や角質が残っていないかチェックしましょう。

これらを放置しておくとカミソリの切れ味が早く悪くなる上、雑菌が繁殖する原因にもなりますので、残っていた場合は刃の部分に気を付けながらキレイに洗い落としましょう。

また、カミソリの切れ味が悪くならないように、カミソリはなるべく乾燥した場所で保管するようにしましょう。

正しいムダ毛の剃り方(番外編) お手入れを避ける時期

正しいムダ毛の剃り方の番外編ですが、生理中や体調が悪い時はお手入れを避けるようにしましょう。

女の子の場合、男性などとは違って体内のホルモンバランスが崩れやすいため、ちょっとした体調の変化でもすぐに肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

また体調が悪いと、ついつい雑な剃り方になってしまいがちです。

ですので、お手入れは心と体に余裕がある時にするようにしましょうね。

肌トラブル、もしもの時の対策は?

カミソリ負け

例えば、ムダ毛の剃り方に気をつけていたとしても、カミソリを強く当て過ぎてしまったり、同じ場所を何度も剃るなどをして肌がカミソリ負けを起こしてしまうことも時にはあると思います。

もし肌がカミソリ負けを起こして赤くヒリヒリになってしまったら、水で濡らしたタオルを当てて肌をクールダウンさせましょう。

クールダウンを10分程度行い、様子を見て、肌が治まってきたらアフターケア用の保湿剤を使っていつも通りのお肌ケアをしましょう。

ちなみに、カミソリ負けを起こした状態で保湿ケアをしようとすると、ヒリヒリ感が増したり肌が熱を持ってかゆくなったりするので注意してください。

また、毛が埋まってしまっている場合は、埋もれている部分を両手で左右にねじったり、揉みほぐしたりすると毛先が出やすくなります。

上手く毛先を肌の外に出せたら、カミソリでちょいっと剃って処理してください。

毛抜きを使いたくなるかもしれませんが、毛抜きでムダ毛を抜いてしまうと次もまた埋没毛になってしまう可能性がありますのでおすすめはできません。

ムダ毛を剃る日々に疲れたなら……?

手入れの行き届いたツルツルのお肌は女の子の絶対的な魅力ですよね。

上で書いたように正しいムダ毛の剃り方を守り、日頃のお手入れでしっかりとケアをしていれば、きっとムダ毛の目立たないキレイな肌になれます。

しかし逆に考えれば、自己処理を続ける限りムダ毛との戦いって永遠に終わらないんですよね。

もし、どうしてもあなたが自分の手によるお手入れに面倒臭さを感じているのならば、思い切って脱毛してみてはいかがでしょう?

例えば当サイトで紹介している脱毛サロン ミュゼプラチナムは、日本で一番人気の高いサロンです。

気になるお値段もミュゼでは常にキャンペーンを行っているので高校生の子でも通えるぐらいリーズナブルですし、効果の程もお墨付きです。

こちらは実際に私が両ワキの脱毛を行った結果です。左が脱毛前、右が脱毛後ですね。

ミュゼの脱毛の効果
※画像に表示されているURLは移転前のSeesaaブログのものです。

もし脱毛に興味があるなら、ぜひ一度ミュゼのエステティシャンによるカウンセリングを受けてみてください。

きっと日々の “ムダ毛処理の面倒臭さ”“カミソリ負けのヒリヒリ感” から解放されること間違い無しですよ!☆

ミュゼ 詳細ページ

ミュゼ 全身脱毛 ↑こちらの記事では、ミュゼの全身脱毛コースについてかなり突っ込んで解説してます☆

この記事が役に立ったならぜひ SNSで拡散 をお願いしますっ!

このページの先頭へ