女の子が脱毛したい理由って何?

先日、友人とCMを見ていたら・・・

つい先日のこと、友人の家に集まってお茶を飲みながら話していた時、ちょうどトリンドル玲奈さんが「夏!久しぶりー!」と叫んでピースするミュゼのCMがテレビで流れたんですね。

これを見てアラサー女子の軍団は「脱毛ってどうなの?」トークに突入した訳ですが、意外や意外、脱毛肯定派と、脱毛は別にいらないんじゃない派に分かれたんですよね。

私は体験者なので当然肯定派ではあったのですが、いらない派の友人の「何で脱毛したがるの?」という言葉に思わず「そういえば何でだっけ?」と真面目に考えてしまいました。

そもそも、女の子が脱毛したい理由、ムダ毛を嫌がる理由って何なんでしょうね?

それは多分、鏡を見た時の自分に対する自信・・・かな?

子供の頃、自分の体に毛が生えてきたのっていつ頃だったか覚えてますか?

思い出そうとしても中々思い出せないのですが、それでも中学生の頃には気になるところの毛がちょろちょろと生えてきていましたよね。

あの時、何だか毛が生えてること自体がとても恥ずかしかったように覚えています。

高校生にもなると当たり前のように自分でムダ毛の処理をしていましたが、毎日処理していると脇にちょっとだけごま塩みたいに黒いポツポツが残るのがコンプレックスではありましたね。

高校生でしたので、別に見せる相手がいた訳でもないのですが、それでもできるだけキレイにしようと努力していた自分がいました。

そう考えると、多分脱毛って誰かのためにするんじゃなくって、7割から8割ぐらいが自分のカラダに自信を持つための儀式なんだと思いますね。

今の自分に自信が持てていますか?

先の話に出てきた「脱毛なんていらない派」の友人は、多分元々自分に自信というか、アイデンティティみたいなものをちゃんと確立できていたんだと思います。

だから、脱毛は必要なかった。

でも私は昔からコンプレックスを抱えていて、それを少しでも取り除きたいから脱毛が必要だと思った。

脱毛するか、しないかって、多分それだけの違いなんでしょうね。

この記事を読んでいるあなたは、今の自分に自信が持てていますか?

もし今ひとつ自分に自信が持てなくて、その原因を取り除く方法があるのであれば、迷わずやることをおすすめしますよ。

少なくとも私は、ミュゼの脇脱毛をして本当に良かったと思ってますからね☆

>> ミュゼの脱毛効果、私は信頼しています

この記事が役に立ったならぜひ はてなブックマーク をお願いしますっ!

このページの先頭へ