医療レーザー脱毛の仕組みとは

基本の仕組みはサロン脱毛と変わりません

驚くかもしれませんが、医療レーザー脱毛の仕組みはミュゼプラチナムのようなサロンの脱毛の仕組みとそこまで大きく変わりません。

例えばミュゼでは、体内中の黒い色素に反応する特殊な光を使って脱毛をするのですが、医療レーザー脱毛においてもこの黒い色素に反応するレーザーを使用するのです。

つまり、根本的な仕組みはまるで変わらないのですね。

※ミュゼの脱毛の仕組みについては「ミュゼの脱毛方法「SSC方式」は永久脱毛と何が違うの?」で説明しています。

医療レーザー脱毛とサロン脱毛の仕組みの違いって?

この2つの違いは、脱毛機器のパワー、そしてそれによる脱毛の効果です。

まず、医療レーザー脱毛に使用される脱毛器は主に次のような種類のものがあります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • YAGレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ルビーレーザー
  • ライトシェア・デュエット

それぞれ光の種類が異なるため、例えば肌の白い人にはルビーレーザー、肌の黒い人にはYAGレーザー、といったように使い分けができるのが特徴ですね。(※全ての機器を置いてある医療機関は少ないとは思いますが・・・。)

また、どの機器もサロンで使用されている光脱毛器に比べるとパワーが強く、同じ1回の照射でもレーザー脱毛の方が高い脱毛効果を得ることができます。

ただし医療レーザー脱毛は効果が高い分、肌への負担もとても大きく、ほとんどの人が一時的に軽い火傷のような肌荒れが起きます。

逆にサロン脱毛の場合は、肌への負担を最小限に抑えて脱毛を行うため、医療レーザー脱毛に比べて効果は出にくいですが肌荒れもしにくいです。

このあたりは一長一短と言えますので、自分のライフスタイルに合った脱毛方法を選べば良いと思いますよ。

参考資料:レーザー脱毛機の種類

上で紹介したレーザー脱毛機の種類について、詳細を説明しておきます。参考までにどうぞ。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を使ったレーザーです。

シミやそばかす、ニキビ痕の治療にも使われていて、さらに毛穴の引き締め効果もあるため、この機器を使って脱毛した後は素肌がつるつるすべすべになります。

また、産毛のような脱毛しづらい細い毛にも高い効果を発揮します。

YAGレーザー

イットリウム、アルミニウム、ガーネットを使ったレーザーです。

体内中の黒い色素(メラニン色素)に対する反応が弱いため脱毛効果は低いのですが、VIOラインや日焼けしてしまって色素が濃くなっている部分への脱毛を安全に行えるという利点があります。

また、男性のように毛根が肌の奥深くにあるような場合も、このレーザーなら熱が届くため効果的です。

ルビーレーザー

ルビーを使ったレーザーで、脱毛以外にもシミやそばかす、ホクロ消しなどにも利用されています。

黒い色素にとてもよく反応するため、肌の色が薄い人の脱毛に効果的と言えます。

ダイオードレーザー

細い毛への脱毛効果が高いレーザーです。

日本人の肌質や毛質に適していて、安全で高い脱毛効果が得られると言われています。

ライトシェア・デュエット

ダイオードレーザーのパワーアップ版のレーザー機器です。

皮膚を吸引しながらレーザーを照射するというユニークな方法で、効率よく脱毛をすることができます。

日本人が日本で脱毛をするのなら、このレーザー機器を置いてある医療機関を探すと良いと思います。

>> サロン脱毛でも一定の効果は得られます

この記事が役に立ったならぜひ はてなブックマーク をお願いしますっ!

ミュゼ 詳細ページ

ミュゼ 全身脱毛 ↑こちらの記事では、ミュゼの全身脱毛コースについてかなり突っ込んで解説してます☆

このページの先頭へ