医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか?

人によっては脂汗が出るほどの痛みだと言われています

医療レーザー脱毛で感じる痛みは、一般的には「脂汗が出るほど」と言われています。

もちろん、施術箇所によって感じる痛みに差はあります。

例えば、ヒジとかヒザとかでしたらそこまで強い痛みを感じることは無いはずですし、逆に鼻の下などのように神経が敏感なところは涙が出るほど痛いと思います。

ただ残念なことに、女の子なら絶対にやっておきたい両脇の脱毛ですが、脇は比較的刺激に弱い部位なので相当の痛みを感じることになるでしょう。

痛くない、というクリニックがあるけれど?

もし「うちのレーザーは全く痛くありませんよ」などと宣伝している病院があったら、そこは少し疑ってください。

というのも、医療レーザー脱毛というのは肌の中にある毛根に熱によるダメージを与えて破壊する仕組みなのです。

ただ、熱によるダメージはムダ毛だけではなく肌自体にも拡散していきます。

だから痛みを感じますし、医療レーザー脱毛をした後は軽い火傷のような肌荒れが起こるのです。

ですので、もしレーザーが痛くないと言うのであれば、そこのレーザーは機器のパワーをサロン並に絞って施術している可能性があります。

もっと極端に言ってしまえば、高いお金を取っておきながら効果が無いレーザー脱毛を行っているインチキ病院かもしれません。

レーザーは痛いです、痛くないレーザーはレーザーではありません。覚えておいてください。

ただ、痛み対策として各種麻酔をしっかりと用意しているから痛くない、というのであれば信用しても良いでしょう。

ミュゼのような専門サロンの脱毛が、痛みが少ないのはなぜ?

ミュゼプラチナムや銀座カラーといったいわゆる専門サロンの脱毛は、医療レーザー脱毛と比べるとほとんど痛みを感じません。

これはなぜかといいますと、サロンで使用している機器は医療レーザー脱毛で使用する機器に比べてパワーが圧倒的に落ちるんですね。

ですので、肌に与えるダメージも少なく、その分痛みも少ないという訳です。

ただしサロンで脱毛をする場合、脱毛完了までかかる期間は医療レーザー脱毛よりも長くなります。

また、脱毛機器のパワーが落ちる分、効果も落ちるため、長期に渡って施術を行わないといけません。

医療レーザー脱毛か、サロン脱毛か

脱毛をしたいと思ったことのある人なら、医療レーザー脱毛にすれば良いのかサロン脱毛にすれば良いのか一度は迷ったことがあると思います。

医療レーザー脱毛はまず費用がかかりますし、それに施術中は痛みが、施術後は肌荒れに悩まされます。

ただその分確実に効果はありますし、1年も立たないうちに満足する効果も得られるでしょう。

対してサロン脱毛はプランにもよりますが比較的費用が安く、そして痛みや肌荒れの心配もほとんどありません。

ですので日常生活の中にスムーズに脱毛を取り入れることができます。

しかし医療レーザー脱毛ほどの効果は得られないため、脱毛完了まで1年以上かかる場合もあります。

どちらも一長一短ありますので、しっかりと考えた上で決めると良いと思いますよ。

>> ミュゼプラチナムで脇脱毛、その効果は?

この記事が役に立ったならぜひSNSで拡散をお願いしますっ!

ミュゼ 詳細ページ

ミュゼ 全身脱毛 ↑こちらの記事では、ミュゼの全身脱毛コースについてかなり突っ込んで解説してます☆

このページの先頭へ