ミュゼの脱毛でやけどした!?その後の対応とケアの方法

「ミュゼでやけどをしました」

もしかしてやけど

「ミュゼで脱毛したらやけどみたいなのできた。返金とか治療費とかの対応もなし。綺麗になるために行ったのに、一生ものの傷ができてショック…」

「ミュゼでやけどした時お店にお医者さんはいなくて、当日の処置は冷やすのみ。医療脱毛じゃないから仕方ないのかもしれないけど、もう少し対応してほしかった」

「今まで何回か通ってて、今回初めてやけどをした。ちなみにミュゼからの対応は何もなし」

「コールセンターにも連絡して、店舗責任者とも話をしたけど「冷やして様子をみてほしい」「皮膚科に行くことになってもこちらで治療費は出せない」と言われました。脱毛サロンってどこもこんな感じなのでしょうか…?」

上記は、実際にミュゼの脱毛でやけどをしてしまった人たちの口コミです。

「脱毛でやけどすることなんてあるの?」と思った人もいるかもしれませんね。

残念ながら、脱毛でやけどする可能性は十分にあります。

では、なぜやけどをしてしまうのか?

その原因ややけどの症状にについて、詳しくみていきましょう。

脱毛でやけどしてしまうのは何故?

ミュゼのような脱毛サロンでやけどをしてしまうのには、大きく分けて2つの原因が考えられます。

サロン側が原因の場合

脱毛というのは、ムダ毛に反応する光を当てて、毛根に『熱ダメージ』を与えていく仕組みになっています。

しかしこの光、ムダ毛に反応するというよりは“黒いもの”に反応するため、ムダ毛以外にもメラニン色素の濃いほくろやシミなどにも反応してしまいます。

そのため、あまりにも強すぎる光で照射したり、メラニン色素の濃い部分に照射することによって、やけどをしてしまうことがあるのです。

利用者側が原因の場合

脱毛サロンでカウンセリングなどを受けると「脱毛中は日焼けをしないようにお願いします」と言われませんか?

先にも書いた通り、脱毛に使用する光は”黒いもの”に反応します。

そのため、日焼けをしてしまうと肌が黒くなり、やけどをするリスクが高くなってしまうのです。

また、日焼けというのは一種の肌の炎症です。

炎症状態の肌に、毛根にダメージを与えるほどの光を照射すれば、やけどする確率はグッとあがります。

日焼けの他にも、極度に肌が乾燥しているとやけどをしやすいと言われています。

脱毛サロンでやけどをしたと聞くと「サロン側が絶対に悪い!!」と思いがちですが、全部が全部そうとも言い切れません。

利用者側の私たちも細心の注意を払わなければいけませんね。

もしやけどをしてしまったら?

「やけど」と一口に言っても、その症状は様々。

脱毛でよくみられるやけどのパターンは大きく分けて以下の3つです。

もし、脱毛でやけどをした際の参考にしてもらえればと思います。

やけどの症状3パターン

  • 日焼けのように薄くピンクがかった赤みがある
  • →ヒリヒリとした痛みがあり、2~3日しても痛みが引かない(軽度のやけどの可能性あり)

  • みみずばれができている
  • →施術の後に腫れ始めてかゆみもある(軽度のやけどの可能性あり)

  • 水ぶくれができている
  • →施術の後に水ぶくれができて痛みもある(中度のやけどの可能性あり)

以上の症状があらわれた場合は、すぐに施術してもらったサロンに連絡をして適切な治療を受けましょう。

治療を受けるまでは患部を掻いたり、こすったりしないように注意してください。

下手をするとあざやシミ、色素沈着を起こす可能性があります。

また、脱毛サロンは医療脱毛とは違い、医師免許を持っている人は基本的にいません。

そのため、サロンに行ったからといって薬を処方してもらえたり、特別な治療が受けられるわけではありません。

サロンとは別に病院を受診する必要があることを頭に入れておいてくださいね。

しかし、脱毛サロンの中には提携の病院を紹介してくれるところもあります。

その場合はサロンの指示に従って、提携の病院で適切な治療を受けてください。

ちなみに、ミュゼの場合は口コミからもわかる通り、提携の病院や返金・治療費制度などはないようです。

ここだけ聞くと「ミュゼって対応悪いんだ」と思ってしまいますが、ミュゼは施術にかかる費用もとても安いですからね、ある意味これも仕方ないのかなと思います。

肌トラブルを起こさないために

脱毛はやけどの他にも肌トラブルを起こす可能性があります。

肌トラブルを引き起こさないためにも、しっかりとアフターケアをしましょう!

施術した日は湯船に浸からない

湯船に浸かると赤みが出る可能性があるので、当日はぬるめのシャワーで済ませましょう。

また、お風呂からあがって体を拭く時はゴシゴシとこするように拭くのではなく、ポンポンと押し当てるようにして水気を取るようにしましょう。

施術箇所は十分に保湿をする

脱毛した肌はとても乾燥しやすくなります。

乾燥したままの状態だとかゆみが強く出たり、脱毛効果が薄れて十分な効果を発揮できなかったりします。

忘れずにしっかりと保湿するようにしましょう。

お酒は飲まない

施術前後(約12時間)はお酒を控えましょう。

血流がよくなることでかゆみを感じやすくなってしまいます。

激しい運動はしない

体温が上がると赤みが増したり、かゆみが強くなる可能性があります。

当日は激しい運動などは避け、ゆっくりと体を休めてください。

予防接種は受けない

体質によっては体調を崩してしまう可能性があります。

施術前後の10日以内に予防接種を受けるのはやめておいた方が無難でしょう。

日焼けをしない

施術後の肌は非常にデリケートな状態です。

その状態で日焼けをすると肌が炎症を起こし、痕や色素沈着になる可能性があります。

帽子や長袖の服を着て、しっかりと紫外線予防をしましょう。

ミュゼの「S.S.C.方式」で安全に脱毛を!

ミュゼでは「S.S.C.方式(スムーススキンコントロール方式)という脱毛方法で施術を行っています。

肌に優しい脱毛方法なので肌トラブルも起きにくく、安心して脱毛することができます。

しかし、あくまで肌トラブルが”起きにくい”だけなので、必ずしも肌トラブルに見舞われないとも限りません。

肌トラブルに見舞われないためにも、信頼できるサロン選びと日頃のケアを怠らないようにしましょう!

ミュゼ 詳細ページ

ミュゼ 全身脱毛 ↑こちらの記事では、ミュゼの全身脱毛コースについてかなり突っ込んで解説してます☆

この記事が役に立ったならぜひ SNSで拡散 をお願いしますっ!

このページの先頭へ