【サロンVS家庭用脱毛器】ミュゼとケノンの効果・料金・口コミ比較

ミュゼは国内人気ナンバーワンの脱毛サロン、対してケノンは数々の有名雑誌でも取り上げられるほどの人気家庭用脱毛器です。

この2つを比較しようとしても、そもそも脱毛サロンと家庭用脱毛器ではシステムが根本的に違うので、正直比べることが難しいんですよね。

そこで、ミュゼとケノンならどっちがおすすめなのか迷っているあなたのために、この2つの違いを分かりやすく説明していきたいと思います!

5秒で分かる!ミュゼとケノンの違い

【ミュゼとケノンの違い】
ミュゼ ケノン
特徴 激安キャンペーンを毎月行っている。両ワキ+Vライン脱毛完了コースのコスパは最強。 数々のサイトで売り上げ1位を獲得している人気の家庭用脱毛器。いつでも好きな時に脱毛できる。
料金 キャンペーン対象のコースは安いが、それ以外のコースは相場よりちょっと高めかも。 初期費用だけを見ると割高な印象だが、使えば使うほどお得になる。部分的よりも全身に使った方がコスパがいい。
効果 普通。ただし新型脱毛器ミュゼエクスプレスを導入してからは効果が落ちたとの口コミもあり。 脱毛サロンよりは劣るが、回数を重ねれば効果あり。これは家庭用脱毛器全般に言えることかも。
接客 店舗やスタッフにもよるかもしれないけど、結構フレンドリーに接してくれる印象。 自分で施術しなければならないので面倒かも。
予約 全体的に取りづらい印象。 いつでも好きな時に施術可能。
評判 ★3.0:普通。人気サロンだけあって、良くも悪くもスタンダード。 ★2.8:普通。長い目で見るとコスパはいいが、準備~アフターケアのすべてを1人でやるには限界がある。

上の表を見てみると、ミュゼは安価なキャンペーン重視の脱毛サロン、ケノンは長く使い続けることを前提とした一般的な家庭用脱毛器だと言えますね。

ミュゼはプロに脱毛をしてもらえる脱毛サロン、ケノンは自分で脱毛をする家庭用脱毛器なので、そもそもシステムが全く違うんですよね。

そのため、単純に「こっちの方がおすすめです!」と断言するのは正直難しいです。

ですので、あなたが脱毛を”プロにやってもらう”ことを希望するのか、それとも脱毛を”自分でやる”ことを希望するのか、それを基準にして選ぶのがいいと思います。

多少お金をかけてでもプロに脱毛をお願いしたいと思うのであればミュゼがおすすめですし、できるだけお金はかけずに自分で脱毛をしたいのであればケノンがおすすめです。

このあたりを考慮しつつ、あなたに合った方を選ぶと良いでしょう。

こちらの記事に実際にそのサロン、商品で脱毛をしたユーザーの口コミや体験談をまとめてあります。ぜひ参考にしてみてください☆

ミュゼとケノン詳細比較

料金

【主要脱毛部位 料金比較】
ミュゼ ケノン
両ワキ 3600円 (無制限) 69,800円
VIO 108,000円 69,800円
全身(顔なし) 378,000円 69,800円
全身(顔含む) 該当なし 69,800円
Sパーツ 27,000円 69,800円
Lパーツ 54,000円 69,800円
  • ミュゼの金額は6回施術を受けた場合の総額です。
  • ケノンの金額は初期費用(本体+カートリッジ)の金額です。
  • 分かりやすく比較するため、金額はおおよその数字を表示しています。
  • 詳細は各サロン・商品のホームページでご確認ください。

やはり、ミュゼは期間も回数も無制限の脱毛完了コースの存在が目立ちますね。

その反面、全身や各パーツの料金は割高な印象です。

また、ミュゼの全身脱毛プランには顔が含まれないというのにも注意が必要ですね。

一方、ケノンは瞼や粘膜などの一部分を除き、全身に使用することができます。

両ワキやSパーツだけを脱毛するなら割高になってしまいますが、全身脱毛を考えているならミュゼの約5分の1の金額で脱毛をすることができるので、長い目で見るとお得ですよね。

また、ケノンはカートリッジ式になっているので、寿命がきても新しいカートリッジを装着すれば再び脱毛をすることができます。

このカートリッジも大体7,000~10,000円ほどなので、ミュゼの全身脱毛プランを1回追加することを考えたら安いのではないかなと思います。

効果

【脱毛完了までの回数・期間 比較】
ミュゼ ケノン
回数 12~18回 24~30回
期間 約2~3年 約4~5年
  • 毛質や毛量などにより、脱毛効果には個人差があります。
  • 分かりやすく比較するため、回数・期間はおおよその数字を表示しています。

ミュゼとケノンは、どちらも光脱毛という脱毛方法を採用しています。

医療脱毛よりも光の出力が低いですが、その分痛みが少ないというのが大きな特徴です。

原理としてはどちらも同じですが、ミュゼとケノンでは光の出力の強さに差があります。

ミュゼでは、きちんと研修を受けたプロのスタッフが、お客さんの肌や毛の状態をしっかりと見極めながら施術をします。

そのため、医療脱毛ほどではありませんが、ある程度光の出力を高くすることができます。

しかし、ケノンは家庭用脱毛器ですから、当然使用するのはプロではなく素人です。

普通に考えて、素人がプロと同じ機械を使えるわけがないですよね?

少しでも出力レベルや使い方を間違えてしまったら、火傷や肌トラブルを引き起こしかねません。

ケノンでは、そうしたことを予防するために、あらかじめ光の出力レベルを一般の脱毛サロンよりも低く設定し、誰でも安心安全な脱毛ができるようにしています。

脱毛サロンよりも光の出力が低く設定されているということは、当然満足のいく効果を得られるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、ミュゼでは約2~3年で終わる全身脱毛も、ケノンだと約4~5年もかかってしまうのです。

しかし、あくまで「時間がかかる」というだけで、まったく脱毛の効果を得られないわけではないので安心してくださいね。

地道にコツコツと脱毛するのが苦にならないという人ならケノンでもいいですが、飽きっぽかったり、地道に脱毛をするのが苦手な人はミュゼでの脱毛をおすすめします。

その方が、脱毛完了までの回数も期間も短くて済みますよ。

システム

【施術システム 比較】
ミュゼ ケノン
場所 店舗に行く必要がある。 自宅で出来る。
時間 予約した時間内で施術をしなければいけない。 好きな時間に施術することができる。
仕上がり VIOなどの複雑なところも綺麗に処理してもらえる。 手の届かない範囲だと人の助けが必要。自分1人では限界がある。
負担 準備、施術、アフターケアまですべてやってもらえるから負担が少ない。 すべて1人でやらなければいけないので負担が大きい。下手をすれば肌トラブルを起こす可能性も。
プライバシー VIOなどのデリケートな部分をスタッフに見せなくてはいけない。 誰にも見られることがないので、恥ずかしい思いをすることがない。

ミュゼは脱毛サロンなので、当然脱毛をするためにはその店舗に行かなくてはいけません。

全国に170以上の店舗を構えているミュゼですが、中には「電車やバスを乗り継がないと行けない」「一番近い店舗でも1時間はかかる」なんて人もいるかもしれません。

また、ミュゼは予約制なので、仕事や育児で忙しい人にとっては予約を入れるだけで大変な人もいると思います。

自分の希望する日時に予約が取れればいいですが、そうでなかった場合はまた新たに予定を組まなくてはいけなかったり、空きが出るまで待つ必要があります。

毎回そんな感じだと、脱毛をする前から心身ともに疲れてしまいますよね。

一方、ケノンは家庭用脱毛器なので、自分の好きな時に自宅で脱毛をすることができます。

自宅で脱毛することができるので電車やバスに乗る必要もありませんし、メイクや着替えに気を使う必要もありません。

また、いつでも自分の好きな時間帯に脱毛をすることができるので、ミュゼではできない夜の遅い時間でも脱毛をすることができます。

「仕事が忙しくて帰宅はいつも深夜近くになる」なんて人も、ケノンなら心配ありません。

しかし、いつでも好きな時に脱毛することができるケノンですが、そのケノンにも大きなデメリットがあります。

それは、”仕上がり”と”施術時の負担”です。

確かに自分の好きなタイミングで脱毛できるのは嬉しいですが、その脱毛をするのはケノンを持っている自分自身です。

どんなに体の柔らかい人でも、手の届きにくい背中や襟足の処理をするのは難しいと思います。

仮にできたとしても照射漏れがあったり、同じ箇所を2回照射してしまう可能性は大きいでしょう。

また、自分1人で脱毛する必要があるので、腕や脚などの広範囲を脱毛するのには相当な労力が必要になります。

シェービング、照射部分の冷却、照射、肌のアフターケアなど、脱毛に必要な工程をすべて自分でやらなければいけないので、面倒くさがりの人には向いていないと思います。

一方、ミュゼであれば手の届きにくい背中や襟足はもちろん、VIOなどの複雑な部分も丁寧に処理してもらうことができます。

肌や毛の状態に合わせた出力レベルで照射してもらうことができるので、火傷や肌トラブルの心配もありません。

また、照射部分の冷却、照射、肌のアフターケアなどの工程もすべてやってもらえるので、こちら側の負担はほぼありません。

基本的には横になっているだけでOKです。

毎日仕事や育児で疲れていたりすると、横になるだけで脱毛をしてもらえるのは本当に嬉しいですよね。

そういう点でいうと、やっぱり第三者に脱毛をやってもらえるミュゼの方がいいような気がします。

あとは強いて言うならプライバシーに関してでしょうか。

ミュゼではスタッフに脱毛をしてもらうことになるので、当然肌を露出しなければいけません。

「VIOを他人に見られるのは恥ずかしい」「体型にコンプレックスがあるから体を見られたくない」「他人に体を触られるのが苦手」などの理由から、脱毛サロンや医療脱毛での脱毛を渋ってしまう人も多いのではないでしょうか?

その点、ケノンは自分1人で脱毛をするので、誰にも自分の体を見られる心配がありません。

自分の肌や体型にコンプレックスを持っている人は、ケノンの方がいいかもしれないですね。

脱毛できる範囲

ミュゼとケノンの施術可能範囲比較

ミュゼとケノンの脱毛範囲で大きく違うのは顔とVIOです。

ミュゼでは顔を除いた全22ヶ所を脱毛することができます。もちろんそこには人気の高いVIOも脱毛可能範囲に含まれています。

一方、ケノンは瞼(まぶた)、Iライン、Oラインを除く全身を脱毛することができます。

ミュゼでは顔を脱毛することができないのでその点は嬉しいですが、I、Oラインを脱毛できないのは女性としては結構痛いですよね…。

これは家庭用脱毛器ということもあり、火傷や肌トラブルを懸念してとのことだと思います。

一般的にI、Oラインは黒ずんでいる場合が多く、肌が黒ければ黒いほど肌トラブルを起こす可能性が高いですし、そもそもI、Oラインは非常に複雑でデリケートな部位のため、素人が1人で脱毛するのは難しいと判断してのことだと思います。

I、OラインはNGですが、Vラインの脱毛ならケノンでも脱毛することができますよ。

そのため、I、Oラインもまとめて綺麗にしたいのならミュゼで脱毛をした方がいいでしょう。

その方が安全ですし、なにより綺麗な仕上がりになりますよ。

ミュゼとケノンを掛け持ち(併用)するなら?

もしあなたがミュゼとケノンを掛け持ちしたいと考えているなら、次のように使い分けるのがおすすめかもしれませんね。

  • ミュゼ:フリーセレクト美容脱毛コースで手の届かないところや特に気になる部位をしっかり脱毛!
  • ケノン:好きな時間に納得いくまで全身脱毛!

ケノンではどうしても脱毛できる範囲に限りが出てきますので、自分では脱毛しづらい背中や襟足、照射範囲に入っていないI、Oラインをミュゼで脱毛して、他の部分は気長に自分で脱毛する、というのが一番いいのではないかなぁと思います。

ミュゼのフリーセレクト美容脱毛コースなら、脱毛したい部分をピンポイントで選ぶことができますしね。

また、最初はミュゼで数回脱毛の契約をして、抜けきらなかった毛をケノンで処理するというのもありだと思います。

ミュゼ 詳細ページ

ミュゼ 全身脱毛 ↑こちらの記事では、ミュゼの全身脱毛コースについてかなり突っ込んで解説してます☆

この記事が役に立ったならぜひ SNSで拡散 をお願いしますっ!

このページの先頭へ